Browse Month by 8月 2016
未分類

企業の中での企業法務

大企業になりますと多くの購入者そしてファンを抱えていますので、小さなミスそれからリコールなども大々的に報告する義務が生じます。もちろん、説明を怠っていると説明責任も起こりますので、広く報告することが必要なのです。そのように考えますと企業内での組織を法的にも問題のないように整備する企業法務の大切さが分かるはずです。小さな企業では、大口のお客様への対応や商品を取り扱ってもらっている店などに問題が起こらないように工夫することが必要です。

企業での具体的な事例としては、大きな企業では、法務部という部署などが置かれ契約書を作成したり、企業として法的に問題のないように管理的な業務もします。さらに裁判などで争っても問題のないように対応していきます。また、小さな企業などでは総務部の中に置かれています。それから、先述したように企業が大きくなると企業法務の役割も多岐にわたります。

もちろん、これらの業務の中で株主総会や取締役会での総括などを行うのも企業法務の役割であり、株式会社や顧問、取締役などを抱える大きな企業では、他の企業との交渉や企業内での交渉も大事であります。さらに、企業内での規律に関することなどを整えていくことも企業法務の重要な役割で、まるで縁の下の力持ちといえます。これが企業の中での企業法務の役割です。

未分類

企業法務とは

企業法務とは、企業に関わる法務のことです。企業とは、営利を目的として経済活動を行う集まりです。営利、つまりお金が得られるようにすることです。法務とは法律や司法に関係する事務・職務をいいます。
このことから、企業法務とは、企業において法律に関係する事務のことをいいます。企業では当然のごとく必要になっている企業法務について説明していきます。

さて企業の組織を見ますと、取締役、社長、広報部、経営部、法務部、総務部、技術部、営業部などあります。その中で、大きな企業では企業法務は様々なところで採用してたり、小さな企業ですと一人であったりします。特に大企業は、1つの小さなミスから大きな問題となりネットニュース、SNSなどで大きく取り上げられ収拾がつかなくなる現状があります。そこで、大きな問題とならないためにも企業法務というのがあるのです。

つまり、このように世間で企業が騒がれると企業イメージも下がり、業績も大幅にダウンすることや、場合によっては商品の販売停止にまで及んでしまうのです。それから、社員1人1人の行動でもモラルに反する行動などが起きたり、刑事事件や民事訴訟などが起こると、その企業にとって大きなマイナスになるのです。そこで、単にマスコミ対応だけではなく、事前に大きな問題にならないように、そして企業がよりよく発展するために企業法務があると考えていただけたら幸いです。今回は、企業法務が会社に必要な理由について話していきます。