未分類

企業の中での企業法務

大企業になりますと多くの購入者そしてファンを抱えていますので、小さなミスそれからリコールなども大々的に報告する義務が生じます。もちろん、説明を怠っていると説明責任も起こりますので、広く報告することが必要なのです。そのように考えますと企業内での組織を法的にも問題のないように整備する企業法務の大切さが分かるはずです。小さな企業では、大口のお客様への対応や商品を取り扱ってもらっている店などに問題が起こらないように工夫することが必要です。

企業での具体的な事例としては、大きな企業では、法務部という部署などが置かれ契約書を作成したり、企業として法的に問題のないように管理的な業務もします。さらに裁判などで争っても問題のないように対応していきます。また、小さな企業などでは総務部の中に置かれています。それから、先述したように企業が大きくなると企業法務の役割も多岐にわたります。

もちろん、これらの業務の中で株主総会や取締役会での総括などを行うのも企業法務の役割であり、株式会社や顧問、取締役などを抱える大きな企業では、他の企業との交渉や企業内での交渉も大事であります。さらに、企業内での規律に関することなどを整えていくことも企業法務の重要な役割で、まるで縁の下の力持ちといえます。これが企業の中での企業法務の役割です。