未分類

企業法務とは

企業法務とは、企業に関わる法務のことです。企業とは、営利を目的として経済活動を行う集まりです。営利、つまりお金が得られるようにすることです。法務とは法律や司法に関係する事務・職務をいいます。
このことから、企業法務とは、企業において法律に関係する事務のことをいいます。企業では当然のごとく必要になっている企業法務について説明していきます。

さて企業の組織を見ますと、取締役、社長、広報部、経営部、法務部、総務部、技術部、営業部などあります。その中で、大きな企業では企業法務は様々なところで採用してたり、小さな企業ですと一人であったりします。特に大企業は、1つの小さなミスから大きな問題となりネットニュース、SNSなどで大きく取り上げられ収拾がつかなくなる現状があります。そこで、大きな問題とならないためにも企業法務というのがあるのです。

つまり、このように世間で企業が騒がれると企業イメージも下がり、業績も大幅にダウンすることや、場合によっては商品の販売停止にまで及んでしまうのです。それから、社員1人1人の行動でもモラルに反する行動などが起きたり、刑事事件や民事訴訟などが起こると、その企業にとって大きなマイナスになるのです。そこで、単にマスコミ対応だけではなく、事前に大きな問題にならないように、そして企業がよりよく発展するために企業法務があると考えていただけたら幸いです。今回は、企業法務が会社に必要な理由について話していきます。